ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失
GRIとは
GRI ギャラリー
今日の天気
水戸の天気 [詳細]


事務局
〒311-4153
茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL 029-257-1234
FAX 029-255-2555
E-mail office@gis-ibaraki.or.jp

設立趣旨





ご承知のように、我が国では、高度情報化社会において情報の「共有化」「公開」の進展を図る施策として、国を挙げてIT革命を積極的に推進しているところでございます。また国においては昨年「GISアクションプログラム2002−2005」が策定され、日本におけるGISも新展開を迎えつつあります。

この中にあって、電子自治体を支える重要なITソリューションとしての自治体GISの位置づけもますます重要性を増しており、その普及は地域の活性化にとって極めて重要なことであると考えています。

電子国土、電子自治体の構築でさらに将来へ向かって成長してゆく私たちの故郷いばらき・・・そんな故郷づくりをサポートする「GISの活用によるユビキタス(いつでも、どこでも、だれにでも)情報化社会の実現」のためには、グローバルな視点を持ちつつも地域で生活し地域の将来に責任を持つ私たち自身が、その具体化のためにアクションを起こし、地域へ普及させる必要があります。

また、地域におけるGISの普及には、産官学の立場の違いを越えた多種多様な専門家の知識や技術が大切で、しかも、いばらきの将来に対し志のある人たちの協働、連携が不可欠です。これからの時代のいばらきのユビキタス情報化社会に期待される専門家をネットワーク化し、地域の豊かさを地域で創造するチームが今こそ必要ではないかと考えています。

一方でGISは、専門家と地域社会で生活する方々が一緒になって考え、相互に学習しながら高め合って、地域サイドからの提案、構築が求められています。

さらに、地域におけるGISの構築は、新しい地域内地場産業としての可能性を秘めています。GISを核とした新産業創生を私たちの手で実践してはどうか、と考えています。小さな個人が、地域の中で、ネットワーク型の分業を進めることにより、大きな事業に取り組める環境づくりが必要です。そして、それが地域の産業全体を活性化し、明るい地域社会づくり、いばらきづくりをリード出来るものと考えています。

このような状況を踏まえ私たちは、GISの普及促進・産官学の交流・連携・研究の場として、また、新産業創生の実践の場として、特定非営利活動法人「GIS総合研究所いばらき」を設立いたします。

誰にでも理解され期待される、存在感のあるチームづくりを目指します。そして、いばらきの新しい時代を拓く礎にならんことを願い、鋭意努力する所存でありますので、皆様方からのご支援を賜りますよう、よろしくお願いいたします。



平成15年10月
特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらき
設立発起人代表 安原一哉



プリンタ出力用画面 友達に伝える