ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失
GRIとは
GRI ギャラリー
今日の天気
水戸の天気 [詳細]


事務局
〒311-4153
茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL 029-257-1234
FAX 029-255-2555
E-mail office@gis-ibaraki.or.jp
投稿者: admin 投稿日時: 2006-5-31 9:00:00 (1448 ヒット)

 三重県GISセミナー & 第3回三重県GIS実証実験報告会
● 日 時 2006年 7月 5日(水) 10:20 〜 17:00
● 受 付 9:30 〜 10:20
● 会 場 三重県総合文化センター 中ホール 会場案内
〒514-0061 三重県津市一身田上津部田1234 TEL:059-233-1130
● 主 催 三重県GIS協議会,三重県
● 後 援 三重大学,地理情報システム学会,財団法人三重県建設技術センター
● 参加費 無 料  【 参加申し込み 】
● スケジュール  
10:20 ご挨拶
10:30 講演「GISを用いた地理的犯罪分析」科学警察研究所 原田 豊 氏
13:15 ご挨拶 
13:20 講演「宇宙からの立体地図作り」宇宙飛行士 毛利 衛 氏
14:30 実証実験報告会 10件の実証実験を報告予定
17:00 閉 会
スケジュールは、予告なく変更することがあります。
--------------------------------------------------------------------------------

講師紹介: 原田 豊 (はらだ ゆたか) 氏
警察庁 科学警察研究所犯罪行動科学部 部長
専攻は犯罪社会学。2000年、米国ペンシルバニア大学より犯罪学の学位を取得。GISを活用した犯罪の地理的分析に取り組む。

毛利 衛 (もうり まもる) 氏
宇宙飛行士,日本科学未来館館長,東京工業大学連携教授,日本学術会議会員
1992年、日本人初宇宙飛行士としてNASAスペースシャトルに搭乗。 2000年、NASAミッション・スペシャリストとして陸地立体地図作成ミッションを遂行する。


投稿者: admin 投稿日時: 2005-9-9 9:00:00 (1662 ヒット)


台風15号の接近に伴い、九州沖縄地方は暴風域に入り、本土縦断の危機感の中、6日の開催を迎えました。
まだ真夏の色が消しきれない日差しが早い雲の流れに見え隠れしていました。
私達実行委員会は、最悪の状況を覚悟しながら、準備を進めていたが、少しずつそれてゆく台風情報を聴くにつれ、ほっとしました。
この様な中、午前10時に「GISフォーラムinつくば」は、開催されました。

(初日)
当NPOの安原代表による主催者挨拶に続き、茨城県を代表して、企画部情報政策課の泉課長よりご挨拶をいただいた後、東京大学の今井先生、独立行政法人産業技術総合研究所の大場先生より、基調講演をいただきました。

展示コーナーでは、行政関連のGISとして、経済性・機能性を重視した統合型GISをはじめ、各種専門業務支援型GISの展示、実演が行われました。

午後の講演では、「行政のIT戦略GIS」と題して、茨城県企画部情報政策課IT推進室の北村室長より、「茨城県IT推進施策と住民参加GISへの取り組み」と題して、茨城県のIT戦略と、住民参加GISの実証実験のお話しをいただきました。
又、清水先生、吉永先生のお二方のご講演は、自治体の担当者にとって興味を引くものであったと思われます。

「防災・災害対策GIS」をテーマとした3人の先生の講演をいただきました。
最初は、三重大学の福山先生より、「地方の時代に生かすGIS」と題して、今後人間が住みよい社会を構築してゆく中でGISの重要性を説かれ、例として、先生が研究されている「GISを活用した、地震被害予測システム」を、紹介していただきました。
富山市の島崎先生は、「災害に強いGISは、使い慣れている必要がある」と言う観点から、富山市において導入している統合型GISを、紹介されました。
国土交通省常陸河川国道事務所の竹本調査一課長の講演では、那珂川、久慈川の防災及び河川情報をGISとして利用することや、本年7月1日に一部改正施行された水防法、土砂災害防止法を含め、河川防災GISのヒントが、盛りだくさんご紹介いただきました。

続き... | 残り6319バイト | コメントする

投稿者: admin 投稿日時: 2005-8-1 18:00:00 (1483 ヒット)

「GISフォーラム in つくば」−市民参加の安心で安全なまちづくり− へのご参加のお願い

拝啓
暑さ厳しき折、皆様方には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。
日頃より、私どもNPOの活動にご支援いただき厚くお礼申し上げます。
この度、NPO活動の一環として、 「GISフォーラム in つくば」− 市民参加の安心で安全なまちづくり − を開催させていただくことになりました。

このフォーラムは、茨城県民と周辺地域の方々にご参加いただき、生活に関わる様々な情報について地図をベースとした情報技術としての地理情報システムの活用、普及を図るため、この8月のつくばエクスプレスの開通を記念し、合わせて9月1日の防災の日にちなみ、研究学園都市「つくば」にて、全国からGISの先人をお招きし、多くの事例、成果等をご発表いただくものでございます。 また、地域の地方公共団体の皆様、また地域企業の皆様にも合わせてご参加いただき、地域の活性化につなげたいとも存じております。

つきましては、下記の要領にて開催させていただきますので、ご案内させていただきます。内容等につきまして合わせてお送りいたします本フォーラムのパンフレットをご一読いただき、なにかとご多忙の折とは存じますが、是非ともご参加、ご来場賜りますようお願い申し上げます。


敬具

特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらき
代表理事 安原 一哉

続き... | 残り2684バイト | コメントする

« 1 ... 7 8 9 (10)