ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失
GRIとは
GRI ギャラリー
今日の天気
水戸の天気 [詳細]


事務局
〒311-4153
茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL 029-257-1234
FAX 029-255-2555
E-mail office@gis-ibaraki.or.jp
投稿者: admin 投稿日時: 2012-6-26 22:31:49 (4222 ヒット)
GRI

平成24年度GRI総会が、平成24年6月26日に茨城大学水戸キャンパス内ICAS環境ラボにて開催されました。
総会では、安原代表の挨拶に続き、平成23年度の活動報告、決算報告、NPO法の改定に伴う定款の変更、平成24年度事業計画、役員改選について審議され、原案通り全会一致で承認されました。

 

また、総会に続いて「事業活動報告会」が開催され、当NPO会員の中村健太郎氏、株式会社新星コンサルタント 成島肇寿氏より、23年度に茨城大学との共同で実施した東日本大震災に伴って発生した津波災害調査についての報告会が実施されました。


『茨城県沿岸部における津波浸水想定域と津波観測域の差異』
 NPO法人GIS総合研究所いばらき 中村健太郎 氏

  • プレゼン資料 (PDF)



  • 『石巻市調査中間報告』
     株式会社新星コンサルタント  成島肇寿 氏
  • プレゼン資料 (PDF)


  • 投稿者: admin 投稿日時: 2012-6-14 16:46:52 (3379 ヒット)
    GIS

    特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらき(GRI) 通常総会並びに特別講演会を下記の通り開催いたします。
    会員の方、会員登録ご希望の方は是非ご参加ください。


                            記

    特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらき 通常総会並びに事業活動報告会


    1.日 時 平成24年6月26日(火) 14時00分より

    2.場 所 茨城大学水戸キャンパス内ICAS環境リサーチラボ

    3.内 容

    …名鐐躄顱ヽ会 14:00
     
     第1号議案 平成23年度事業報告について
     第2号議案 平成23年度決算報告について
           (会計監査報告)
     第3号議案 定款の一部改訂について
     第4号議案 平成24年度事業計画(案)
     第5号議案 役員改選について

    ∋業活動報告会 15:00 

    (1)「茨城県沿岸部における津波想定域と津波観測域の差異」(仮題)
          特定非営利活動法人GIS総合研究所いばらき  中村 祥一 氏

    (2)「石巻市調査 中間報告」
          株式会社新星コンサルタント  成島 肇寿 氏

    J腸顱。隠供В娃


    ※連絡先 GIS総合研究所いばらき事務局(株式会社ミカミ内)
    電話 : 029−257−1234
    e-mail : office@gis-ibaraki.or.jp


    ※当日年会費のお支払いを承っています。領収書を用意しておりますので、振込み等が大変な方はご利用ください。


    投稿者: admin 投稿日時: 2012-4-5 10:04:08 (3788 ヒット)
    GIS

    『東日本大震災宮城県石巻市万石浦復興対策策定予備調査』

    東日本大震災で地盤沈下した東北地方の沿岸部では、大潮やその前後の満潮時に冠水
    する被害が続いており、被災地の復旧・復興の大きな妨げとなっています。GRIで
    は、宮城県及び石巻市の許可を得て、茨城大学の依頼に基づき、沿岸域の沈降の傾向
    を明らかにし、関連市町村の復旧・復興に資することを目的とし、石巻市万石浦沿岸
    に位置する渡波町祝田地区の測量調査を実施いたします。
    本調査は宿泊など基礎的経費を除き「ボランティア」を基本とするものであることか
    ら、GRI会員、茨城大学の学生等に作業の協力をお願いいたします。
    本調査の目的に賛同いただき、ご協力いただける方は、ぜひご参加くださいますよう
    お願いいたします。

    続き... | 残り1851バイト | コメントする

    投稿者: admin 投稿日時: 2012-2-28 13:23:02 (3027 ヒット)
    GIS

    私達NPOでは、昨年に引き続き常陸大宮市立山方南小学校で、去る2月2日GISを活用した授業をサポートさせて頂きました。

    授業の内容は、昨年3月11日の東日本大震災を踏まえ、学校までの通学路で地震の時に中止しなければならない場所について、GISに登録するということを実施しました。

    5年生と6年生のそれぞれの授業の中で、保護者の方も参加して行われました。

    最初は、学校と自分の家を探すことから始め、その間の通学路の途中で大きな震災が発生した時にどこが危険かを、子どもたち同士、保護者の方も一緒になって考え、地図に登録しました。



    子どもたちも、真剣にパソコンに向かって課題に取り組みました。

    「ここは傾斜があって、崩れるかもしれないからあ注意がっひっ長じゃない?」などとそうだんしながら、楽しく授業に参加していたように思いました。

    WebGISが、子どもたちの自ら考える能力を向上させる上で、非常に役に立つ事を実感することができた一日でした。

    これからも、さらに県内の多くの小学校で、授業にGISを活用して欲しいと思います。
    そのために、私達NPOの活動を続けて行くつもりです。


    投稿者: admin 投稿日時: 2011-7-5 15:46:17 (2994 ヒット)
    GIS

    平成23年度通常総会並びに特別講演会が6月27日午後14時より、茨城大学水戸キャンパスICAS環境リサーチラボで開催されました。

    総会に先立ち「茨城県における東日本大震災の社会的影響」と題して、茨城大学地球変動適応科学研究機関准教授 田村 誠氏に特別講演をして頂きました。

    3月11日の大震災と大津波、さらには福島第一原子力発電所の事故が重なる複合災害は、かつて我々日本人が経験した事のない大きな犠牲を伴う大災害でしたが、私たちの住む茨城県にも大きな被害をもたらしました。

    茨城大学では、その被害の実態を調査し、平成23年5月に「東日本大震災調査報告書」としてまとめられましたが、田村准教授には、その調査報告から、茨城県の震災の特徴的な状況についてレクチャーして頂きました。



    続き... | 残り2160バイト | コメントする

    « 1 2 (3) 4 5 6 ... 10 »