ログイン
ユーザ名:

パスワード:

パスワード紛失
GRIとは
GRI ギャラリー
今日の天気
水戸の天気 [詳細]


事務局
〒311-4153
茨城県水戸市河和田町4471-45
TEL 029-257-1234
FAX 029-255-2555
E-mail office@gis-ibaraki.or.jp
GRI : 平成21年度通常総会 並びに 特別講演会 開催報告
投稿者: admin 投稿日時: 2009-6-23 12:01:00 (1988 ヒット)

 特定非営利活動法人「GIS総合研究所いばらき」の平成21年度の通常総会、並びに特別講演会が開催されましたのでご報告いたします。

開催日時 : 2009年6月18日 13:30〜16:00

開催場所 : 茨城県三の丸庁舎 茨城大学インフォメーションセンター

【平成21年度 通常総会】



 はじめに、代表理事の茨城大学工学部教授安原一哉氏より開会の挨拶がありました。 
 平成17年度より毎年GISフォーラムを開催しており、特に平成20年9月21日に開催した「GISフォーラムin水戸≪地域の協力で築く安全安心なまちへ≫」は、地域の方から評価いただき、当NPOの活動も定着してきました。ただ、当NPOの活動は若干低調となってきており、当NPOの役割を再認識する必要があり、特に、茨城県の統合型GISに関わっていくことや、水戸市の水道事業への関わり等については見直していき、講習会等の実施を積極的に対応していきたいと、基本的な考え方を示されました。

 総会では、平成20年度の活動概要報告、収支決算報告、監査報告、及び、平成21年度の事業計画についての議案が、満場一致で承認されました。



【特別講演会】

「茨城県における観光振興と空間情報の活用」
 茨城県 商工労働部観光物産課長 鈴木 章一郎 様



 茨城県商工労働部観光物産課長鈴木章一郎様より、茨城県の観光の現状について、分かりやすくご説明いただきました。中でも、観光客の満足度が全国ワースト1位であるというデータを紹介していただき、GISを活用して茨城の魅力をPRしていく必要性を感じました。
 またGISの活用についての意見交換では、学校教育現場でのGISの利活用や、観光教育の必要性になどについて、活発な意見交換がされました。


講談「伊能忠敬一代記」
 講談師 板端 三山(いたはし・さんざん)様



 講談師の他、測量会社の経営者、シンガーソングライターとマルチに活躍されている、板端三山(本名:小板橋武)様より、初めての実測による正確な日本地図 を作製するという大事業を達成した、壮絶なる伊能忠敬の生涯を、史実に基づき、また、面白おかしくお話いただきました。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。